furusato.jpg  私がブルカン塾に入ったのは、今から約32~33年前です。当時ブルカン塾は杉並区の井草にあってブルカン塾の出発点だったのかもしれません。私は今でも杉並区に行くとブルカン塾があった建物の前を通り当時を思い出します。

 下川先生はまだ若くて厳しかったけど、とても情熱的な先生でした。当時の日々が今ではとても楽しい思い出です。下川先生は今でも私の"金八先生"です。

 生徒の皆さんは悩んだり、成績が上がらなかったり、学校でいじめられたり、勉強が嫌になったりする事が必ずあると思います。
 そんな時はブルカンの先生に相談して、先生に思いっきりぶつかって下さいね。きっとお父さん、お母さん以上に君たちの味方になってくれると思いますよ。



そして私から皆さんへのメッセージです。

① 一日一日を大事に。焦らずマイペースでコツコツ勉強する事が大切です。

② 塾の先生に甘えてください。必ず助けてくれますよ。

③ 努力しても無駄だと思っている人は多いと思います。私も以前そう思う時もありました。でも「努力した者が皆成功するとは限りません。しかし成功した者は皆努力しています。」努力なくして成功は有り得ません。努力は決して無駄にはなりませんよ。

④ つらいのはきっと今だけです。こんなに勉強するのも多分今だけです。
みんなつらいからみんなで乗り越えれば大丈夫!

⑤ 努力は必ず実ります。今結果が出てないのはまだあなたが伸びるからです。
 『まだ伸びる、まだ伸びる』と言い聞かせてください。


⑥ たまには息抜きも必要だけど、規則正しい生活を送るように。分からない問題があったら、恥ずかしがらずに納得するまで先生に質問する事。分からない問題を分からないままにしてはダメですよ。

doryock.jpg⑦ 私は高校受験で志望校に合格出来ず、滑り止めの高校に進学しました。しかし大学、大学院と一生懸命努力する事によって薬剤師になる事が出来ました。そして微力ながら薬剤師として地域医療の発展のために頑張っています。
 第一志望校に合格する事はとても大切ですが、それが人生の成功ではありません。たとえ第一志望校に合格出来なかったとしても努力し続ければ必ず良い事があります。

 薬局の世界では、たとえ一流大学を卒業しても患者さんは来てくれません。大切なのは人と人との心です。患者さんへの思いやりの気持ちを持っていれば沢山患者が来てくれます。
 この事は薬局だけに限らず、どんな仕事に就いても同じです。みなさんも他人を思いやり、他人を大切にする心を持った人間になって下さい。


⑧ 最後に保護者の方へ。

 模試を受けて、志望校との差にがく然とし、子供を叱ったり悲観的にならないで下さい。たった一度の模試の結果など人生には全く関係ありません。模試の結果を冷静に受けとめてひとつひとつその差を埋めていけば、絶対最後にはいい結果につながります。

 模試の結果で怒っても何ひとつ良い事はありません。子供の良いところを誉めていつでも励ましてあげて下さい。そして、もし悩んだり行き詰まったりしたらブルカンの先生に相談して下さい。


  ※このメッセージは現在教室に貼り出され、勉強に臨む後輩たちの励みになっています。
    ありがとう、S先輩!!

私がとても好きだった授業は、夕方、ブルカンのあるマンションの屋上に上がり、
今から詩を作れ、と下川先生。
大きくて真っ赤な夕日を皆で見てとても感動したのを覚えています。
あの時、塾生の気持ちは「きれいだ」という感動の気持ちひとつでした。
今感じるものを書いてみろ、何でもいいぞ~って
下川先生が大きな声で言っていたのを覚えています。

なによりも、ブルカン精神のおかげで一生懸命やることの大切さを学びました。
残念ながら目標としていた高校へは転校で行く事はできませんでしたが、
地方の高校へ行き、部活に明け暮れましたが、今思えば勉強もちゃんとしたいと
自然に思い、試験前は猛勉強しました。
部活を一所懸命やる→とても満足します。
勉強も一生懸命やる→部活だけじゃない自分と出会え、さらに満足します。
そしてさらに共にUPしていけます。

25年経った今でも私はブルカンの塾生の気持ちのままです。
昔も今も、私にとってブルカンは心であり、先生方は本当に尊敬できる方々で、
ブルカンでの出会いに感謝したいと思っています。
いつもブルカン、ありがとう!


約10年前かな、ブルカンに出会ったのは。
中学入学と同時に、僕の親が、僕の兄貴が二人ともブルカンにお世話になっていて、
とても『イイ塾』だからと、半ば強引に入塾させられた(笑)
でも、親の選択は間違いじゃなかった。
とても『イイ塾』だった!!

何がイイって!?
それは、他の習い事や予備校ってのは、ただ技術や高校、大学に進学するための
知識を教えてくれるだけで、ただそれだけ。
そんなものは別に一人でもできるもの。
でも、ブルカンは「じゃあどうして進学するのか!? ・・・ 今はわからないけど、
そのために努力すること、頑張れる力を備えることが大事なんだ!!」ということ、
また礼儀や、約束を守ること等、人間として生きていくための大切なことを、
下川塾長をはじめ、先生たちが熱意をもって教えてくれた。

これらのことは当たり前のようなことだけど、ちゃんと教えてくれる大人たちはいなかった。
今となっては、あの時に、常に兄貴二人と比べられてひねくれていた僕を、
本気で叱ってくれたことが懐かしい思い出である。

そしてブルカンで3年間頑張って、どうしても入りたかった高校に入学。
サッカー部に所属して、毎日厳しい練習が3年間続いた。
高校を卒業して、浪人することになって、ただ勉強するだけのとても苦しい1年間もあった。
でも、ブルカンで身に付けた『頑張る気持ち』があったから耐えられた。
そして、試合に出て勝ったとき、また志望校に合格したとき、大きな喜びを味わえた!!

きっと、『頑張る』ってことは、この一つ一つの喜びを味わうためにあるのかな!?
あの時、ブルカンで教わったことを噛みしめたものである。
今、僕はまたブルカンに戻ってきた。
どうしても自分の経験をブルカンの後輩たちに伝えたくて、
今ではブルカンで講師をしている。
少しでも、今の子供たちにも『頑張って良かった』と思ってもらえるように、
熱く教えていきたい。
もう25年も前になります。
私が小学校5年生の時、塾に行きたいと自分から思いました。
ご近所の方から「評判がいい塾があるわよ」と母が聞いてきて、
さっそくブルカンの門をたたきました。
まず、下川先生との面接があるとのこと。
塾なのに変わってるね、と母と話しながらブルカンへ行きました。

小さな部屋のちょっと暗い部屋だったけれど登場した下川先生は今と変わらず
とても明るく大きな声でした!
その先生の雰囲気に圧倒されながらも、すごいやさしさを感じたものでした。

未だに母と時々入塾面接の話になります。
「本当にやる気があるのか?
本当に自分が勉強したいと思うならブルカンに通えばいい。
そうじゃないなら来なくていい。
親が一生懸命働いたお金で来るんだから」
この下川先生の言葉には母はとても感動していたそうです。
もちろん、私は自分から母に頼んで塾に行きたい!って思ったから
その話を一生懸命下川先生に伝え、無事入塾許可がおりました。

私の人生のベースになったのは下川先生はじめブルカンでの経験です。
これは私の誇りです。
人を大事にすること、素直でいること、
一生懸命やることの大切さ・・・
教室はそんなブルカン精神のとりこになった子供がだんだん増えていき、明るくやる気に満ちた雰囲気だったのを覚えています。