「月謝」について考える!

2018.10.23(火)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―「月謝」について考える!―

(画像クリックで拡大!文字が読みやすくなります)
H30.10.23cSA.jpg
10月23日19時30分。ブルカン塾生が大崎教室に集合。そこへブルカン講師陣が登場、本日のブルカン青春講座がスタート!

今回のテーマは、「月謝」。はじめに、塾生のみんなに質問。「君たちのお父さん・お母さんは、毎月月謝をどうやって用意しているだろうか?」という問いかけに、塾生たちからは「働いて用意する」というシンプルな回答だけではなく、「『がんばってほしい』という気持ちを込めて用意する」「期待されているからこその月謝です!『もういいや』となったらお金も出してもらえない」など、お金に込められた思いに触れる感性豊かな回答が。
H30.10.23-01.jpg
そこで一歩踏み込んだ話。それぞれの家庭では、出費を抑えて節約をしながら月謝のやりくりをしているはず。例えば、自分のおこづかいやお年玉を他人の授業料としてあげるとしたらどう思う?と投げかけると、塾生一同「ありがたい」「大変なこと」という真剣な回答。ならば、そのつらいことを保護者の方がわざわざ自分のためにしてくれることは?やはり「うれしいです」の返答!

そのありがたみを実感することは勉強に対する真剣さを高め、学力アップにつながる!ブルカン講師たちによる実録エピソードの紹介で、この事実を確認。
H30.10.23-02.jpg
まずはブルカン塾のある卒塾生・A君の話。入塾以来、何度となく「頑張る」の掛け声ばかりで真剣に勉強に取り組むことがなかったA君。その結果として、ブルカン塾で両親の期待を裏切り続けることに。そうして迎えた小6の12月。受験直前に両親を交えての三者面談。「本気に打ち込まずに受験を迎えることは将来のためによくありません。『受験の資格なし』と自覚させることも大切な勉強です。力不足で申し訳ありませんでした、ここでブルカン塾を辞めさせましょう」と・・・するとA君は「絶対に受験はやめたくない」と主張。そして、「お月謝を払ってもらう資格はないだろうから、ここからは自分のお年玉貯金で月謝を払います」と宣言。それ以降は別人のように真剣になり、入試本番では見事志望校に合格。自分で月謝を払うことで、勉強はタダでできるものではないと気づけたからこそ、払ったぶんの月謝はムダにできないと覚悟したからこその逆転劇。

H30.10.23-05.jpg
その話を受け上島先生が思い出したのは、あるテレビ番組。アフリカの村に私費で学校を建てた人物を紹介するその番組では、学校が建ったことに子どもばかりか大人たちまで総出で喜ぶ場面が。村の村長さんなどは、学校を建てた人物に「君が次の村長になるべきだ」と言うほど。勉強ができるということは、本来ありがたいことなのだと思い出させてくれる場面でした。

そこで、中高一貫校に通いバスケ部の活動に励んでいた女の子のエピソードを池田先生が紹介。高2の時に、ある中学3年生の後輩が学校を辞めると言い出しました。理由を聞くと、保護者の方が働く会社が倒産してしまい学費を払えなくなったとのこと。悲しい別れとなりましたが、それがきっかけで「学校にいられるのは当たり前のことではなかったのだ」と実感。勉強にも部活にも真剣に打ち込むように。
H30.10.23-03.jpg
銀行振込み全盛の時代にブルカン塾があえて月謝封筒での手渡しにこだわるのは、そんな月謝のありがたみを普段から感じてほしいから。下川塾長が、月謝のお支払方法を決めたブルカン塾創立期のエピソードを紹介し、その思いを再確認。

H30.10.23-04.jpg
さて、月謝のありがたみを感じるべきなのは、ブルカン講師も同じこと。月謝を頂く以上、その分塾生の学力を上げないといけない。「ブルカン塾は月謝どろぼうといわれる学習塾になっていないだろうか」「ブルカン塾は月謝を払ってでも通いたい学習塾と思ってもらえているだろうか」を真剣に反省していることを披露。ただ教えているだけの学習塾、次から次にテキストを売るだけの学習塾・・・になっていては本来の学習塾としては失格。「どうすれば勉強する意識が高まるのか、一人一人の悩みや不安を解消できる学習塾」「一冊一冊のテキストを解き込み、確実な学力を身につけさせられる学習塾」になることを宣言。月謝をお支払いにいらして下さったある保護者の方から「ブルカンの先生方は兄であり父だと思っています」というお言葉を頂いたこともあるように、月謝を通じて子どもを託していただく立場には重大な責任が。その責任を今以上に果たすため、困ったことはこれからも何でも相談してほしい!

今回の青春講座もいよいよ大詰め。DVD詩画集「もっと元気だそうよ」から『ありがとう』を鑑賞し、さらにはその詩を小6・Mくんはじめ中学受験生たちが朗読!
H30.10.23-06.jpgH30.10.23-07.jpg
そして本日のメッセージを読み上げて今回のテーマを確認。月謝に感謝し、月謝のぶんは学ぶ。というより、月謝のぶん以上に学ぶ!この精神で成績アップを実現しよう!!

※編集後記※
前回9月の青春講座にブルカン塾生を応援するため参加してくれた、九州じゃんがら銀座店田口店長。感謝の気持ちを伝えるPOPが完成!
ブルカン塾ならではの思い出のシーン、前回の青春講座の詳しいやり取りはこのダイジェストの下部に掲載されています。ぜひご参照ください!

(画像クリックで拡大!文字が読みやすくなります)
pop_1023_re.jpg

【次回の青春講座:2018.12.19 (水) 開催予定!
塾生以外の方のご参加も大歓迎です】