2018.09.14(金)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―「自分にうそをつく人生」VS「自分に正直な人生」
どっちがプラス?プラス選びで幸せゲット!!―

(クリックで画像拡大!文字が読みやすくなります)
H30.09.14cSA.jpg
9月14日19時30分。ブルカン塾生が大崎教室に集合。そこへブルカン講師陣が登場、本日のブルカン青春講座がスタート!
H30.09.14-01.1.jpgH30.09.14-01.2.jpg
今回のテーマは「うそ」。うそについて考えよう、と言われたとき、どんな意見や疑問が出てくるだろうか。「自分をごまかすためのうそと話を盛り上げるためのジョークとは、同じ扱いでいいのか」「許されるうそってあるのだろうか」「逆に、本当のことなら何を言ってもいいの?」色々な見方があって、考え出すと難しい!そこで今回は、学習塾として考えたいうそ=学力を左右するうそに注目して進行。

まずは上島先生が、ある20代の若者・A君と話した内容を紹介。その会話の話題は、昔の教育と今の教育の違い。「言い分無視で頭ごなしに叱るのが普通で、ひどいときには体罰もあったのが昔」「それに対して、今はそういう指導は許されない」という比較をすると、今の時代のほうが明らかに理想的。ところがA君は、なんと「昔のほうがよかったですよね、今の時代は大変です」と発言!その真意は・・・。
H30.09.14-02.jpg
今の時代は、「別にサボってなんかいませんでしたよ」「宿題はやってきたけど家に忘れたので」といったような言い分に対して、厳しく追及することがよしとされない時代。それは、仮にうそだったとしてもその言い分が通ってしまいやすいということ。指導を受ける若者の一人として、うそをついてサボってしまうことが簡単な時代だと感じA君は危機感を覚えていたのです。実際に彼が同世代の若者を見ても、「できる奴はトコトンできる、できない奴は何かと理由をつけてトコトン逃げる」と二極化しているように感じるのだとか。「うそをつかないこと」と「自分のレベルアップ」には、やはり密接な関係アリ!

学力アップのカギは正直さで、「やったふり」「できたふり」は成長の大敵。一方で、「できないふり」も自分の成長を妨げてしまうことに注意!柴田先生が、夏期講習中や9月の塾生たちの取り組みを見ながら気付いたことを紹介。「○○分以内に○○問解いてみよう」「今日はあの問題にチャレンジしよう」・・・様々な指示を出したとき、たまに返ってきた「え~、ムリです!」という反応。でも、やらせてみるとできてしまうのがたいていの結果。この「ムリです」は、うそなのでは?と思う柴田先生。なぜなら、無理ということにしておけばそれ以上頑張らずに済むから。自分の可能性を狭めるために、できないと確かめたわけでもないものを無理と言うと、成長のチャンスは本当に失われ自分が損するばかり!対照的なのは、夏期講習の終盤で特訓講習を頑張った塾生。
H30.09.14-03.jpg
朝から晩まで何日もぶっ通しで勉強した結果、膨大な量の勉強でもやり抜けるという自信をゲット。多少の勉強など苦でなくなり、今まで以上に自主的に勉強に励むように。自分の限界はそんなに狭くないと気付けたら、成長のための負荷も前向きに受け止められる!

続いて、ブルカン講師の実録エピソードで、うそと受験の関係を確認。中学受験の女子最難関校・桜蔭中学校に挑んだ染谷先生の体験談。10年分の過去問を解き込み、過去問に出題されたパターンなら8割は取れる!という仕上がりに。しかし、自分の中のできない部分と向き合うことを恐れ、過去問の類題や出た周辺の単元など、「過去問以外の要チェック問題」の仕上がりが甘いことを隠してしまいます。この「できたふり」はまずいと直前で思い直し、通っていた塾の先生に全てを打ち明け猛勉強するも、結果は一歩及ばず。自分と同じ失敗はしないでほしいと語る染谷先生の思いを、塾生一同真剣に受け止めます。
H30.09.14-04.jpg
H30.09.14-05.jpg
さらに、池田先生の知り合いの家族に、こんなエピソードも。優等生の子どもを持ち、中学受験のため塾に通わせていた母親に、ある日塾から電話が。「お宅のお子さん、もう何か月も塾に来ていないんですけど・・・」。実は子どもは、ずっと塾に行ったふりをしていたのです。母親はショックを受け、当然中学受験はストップ。そして家族で話し合いを持つと、「本当は勉強が嫌いなんだ」と子どもが正直に告白。さらに「それでもみんなに優等生と思われたいからいい学校には行きたいんだ」とも。偽りのない気持ちから出発することで、"大学受験をせずに済む名門大学の付属高校を受ける"という進路を決めることができ、数年後には慶應義塾高校に見事合格。自分に正直に決めた目標だからやり切れた!

いよいよ今回の青春講座も大詰め。下川塾長から「正直に生きないと人生がどうなるか」という衝撃の実録エピソードを紹介してもらった後は、DVD詩画集「元気だそうよ」から『うそつきな君へ』を鑑賞。そして、「自分をごまかさず勉強して合格する!」という決意を込め、小6受験生の塾生たちが同じ詩をもう一度朗読。
H30.09.14-06.jpgH30.09.14-07.jpg
失敗やミスをごまかさずに見つめることが、成長のカギ。"うそは成長の敵"という今日の学びを胸に、正直な勉強で志望校合格を手に入れよう!!
H30.09.14-09.jpgH30.09.14-10.jpg
※編集後記・・・
今回の青春講座には、皆様ご存じ「九州じゃんがら」の銀座店・田口店長が見学のために参加!青春講座の開始前、終了後とも、「じゃんがら」ファンの多い塾生たちの人気を独占。ブルカン塾にとってもうれしい訪問となりました!


【次回の青春講座:2018.10.23 (火) 開催予定!
塾生以外の方のご参加も大歓迎です】