新しいチャレンジをしよう!

2017.04.18(火)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―新しいチャレンジをしよう!―

(クリックで画像拡大!文字が読みやすくなります)
H29.04.18cSA.jpg
前日の雨が嘘のような、よく晴れた4月中旬の晩。教室に集まった塾生たちの中には、新しい顔ぶれも。そこへ下川塾長以下ブルカン講師が登場。2017年度、最初の青春講座がスタート!
H280418-01.JPG
今回は、多数の新入塾生を迎えた年度初めの青春講座ということで、初心に帰って青春講座の成り立ちの説明から。そもそもの始まりは、開塾当初の「ブルカン夏合宿」。その合宿の授業中に停電が発生。灯りがロウソクの光だけという勉強しづらい状況になり、「先生の体験談を話す時間にしよう」と下川塾長が提案。辛かった状況を乗り越えた体験を涙ながらに語った講師にその場の全員がもらい泣き、という感動的な場面を経て、翌日の勉強は一段と真剣なものに。大人の体験談を聞くことで「大人の人も自分たちと同じ悩みをくぐり抜けてきたんだ」という思いが絆を深めたり、大きな勇気を持つことができたり・・・そうして子どもたちのやる気が生まれる時間が誕生。これこそ「ブルカン青春講座」の原点。

そんな「やる気のためのトークイベント」としての青春講座、今回のテーマは「新しいチャレンジをしよう!」。何かを始めるのにピッタリなこの時期に、塾生たちの背中を後押しする体験談をプレゼント!

H280418-03.JPG
まずは染谷先生が、中学受験のための勉強をしていた小6の夏のエピソードを紹介。染谷先生が通っていた塾の夏休み特訓講習は、最終日の夜21時~翌朝7時までの10時間、希望者だけで徹夜勉強をするというカリキュラム。「本当にできるかな・・・」と不安を抱きつつも参加して見事に一晩中の猛勉強をやり切った染谷先生は、高い学力と大きな自信を獲得。合宿前より偏差値を15も上げ、なんと首都圏トップの私立女子中学校である桜蔭中学校を目指すことができるように!その夏の経験が大学受験にも役立ったと語る染谷先生。挑戦することで育った力が人生の他の場面でも活きてくるというエピソードを聞き、塾生一同真剣な面持ちに・・・。
H280418-04.JPG
いっぽう、高橋先生のチャレンジは現在進行形。ブルカン塾講師としての生活が自分にとってのチャレンジだと発言。半年前にブルカン講師陣に加わり、「ブルカン塾で教えたい!」という夢が叶った高橋先生。しかし、夢が叶った後も心に湧いてくるのは「もっともっと積極的に塾生たちと関わりたい」「他の先生たちから『高橋先生がいないと困る』と言われるぐらいの講師になりたい」という新たな目標。そして"新入り"同士で立場の近い新入塾生たちに、「この塾のみんなは素敵な笑顔を持っていて、自分も元気をもらいました。友達や先生を大いに頼りにして下さい!」とエール。

H280418-05.JPG
勉強以外の分野でも、挑戦にまつわる体験談が。はじめに紹介されたのは、未体験のディベートに高校の部活で挑戦したことにより、全国大会という舞台に立つことができたという柴田先生のエピソード。続く池田先生は大学で初めて体育会ヨット部に入り、ヨットの操縦に初挑戦。そこで待っていたのは、船を漕ぐコツがつかめず漕いでも漕いでも進まない、船酔いをしてしまう・・・などいくつもの困難。しかし、「途中でやめるのはイヤだ」という気持ちで頑張り続け、ついにはヨット競技の大会に出場できるほどに。ヨットを漕ぎながら見る一面海の美しい風景を今も忘れられないと語る池田先生から、「辛いことがあっても、後で必ず喜びが待っている。塾生のみんなも恐れずチャレンジして」と熱弁。

ここまで語られてきた、夢のあるチャレンジ話。3泊4日の夏合宿でトップ校に挑めるレベルの学力を手にした染谷先生と同じように、みんなにはゴールデンウィークというチャンスが待っている。この連休に、それぞれのチャレンジを決めよう。ここで注目したいのは、ブルカン講師たちの体験談に共通した「やりたい!」「やめたくない!」という"自分の意志"。勉強に寄せて考えれば、"誰かにやらされる勉強のための勉強"でなく、自分のチャンスが開けるための・自分の楽しみや喜びと出会えるための努力 と捉えられると強いんだということ。下川塾長も、ブルカン塾の卒業生であるONE OK ROCKのTAKAさんとの会話の中で「英語の発音すごく上手いな、おまけに詞まで英語で書けるなんてすごいじゃないか」と言った時に「自分に必要だと思うと勉強するんです」という答えが返ってきたというエピソードを披露。

青春講座もいよいよ大詰め。DVD「何度でもやり直せる」から、『雨のあとは天気になるよ』という詩の朗読を鑑賞。

(クリックで画像拡大!文字が読みやすくなります)
H280418-06.JPG
「何かに挑戦するたび出会う試練は、単に苦しい事ではなく喜びのための努力なんだ!」という詩のメッセージを味わった後は、DVDの映像に合わせてみんなで詩を音読。それぞれが自分の声でチャレンジの意義を再確認。そして柴田先生の歌『夢があるからがんばれる』に続き、最後はもちろんブルカン塾の応援歌・「根性の詩」。まずはこの歌の誕生秘話を荒井先生が紹介。
H280418-07.JPG
すると、中1のY君がギター演奏を、中3のM君が歌をみんなの前で披露したいと教室前面へ!ブルカン塾講師と塾生が一つになり、いつも以上の大熱唱!
ゴールデンウィーク前のやる気を大きくアップして本日の青春講座も無事終了。さあブルカン塾生のみんな、チャンスは目の前だ。たくさん取れる時間を活かして、大きなレベルアップにつながる素敵なチャレンジをしよう!!
H280418-08.JPG

~青春講座後の一コマ~

今回の青春講座で話題になったONE OK ROCK。ブルカン塾生の中にも、もちろんファンがいっぱい。そんな大ファンのひとり・中3のSくんが、青春講座が終わった後でTAKAさんの話を聞き出すべく下川塾長に突撃インタビュー!下川塾長もSくんの熱意に感動。一緒に写真を撮って、ONE OK ROCKへの応援の気持ちを発信だ!

(左=中3・Sくん、右=S君の友人の中3・Iくん。  
  クリックで画像拡大。応援の思い、TAKAさんに届け!)
H280418-09.JPG


~次回の青春講座~
【2017.06.07(水)開催予定!塾生以外の方のご参加も大歓迎です】