2016.10.25(火)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―判断の基準はプラスかマイナスか!
好き嫌いはちょっと待って!!―

(画像クリックで拡大!文字が読みやすくなります)
H28.10.25cSA.jpg

10月下旬の晩。本日も元気に教室へ集まってくれた塾生たちに、改めて感謝!そこへ下川塾長以下ブルカン講師が登場し、青春講座スタート。
H28.10.25-01.JPG
まずは下川塾長が、ある人からもらったメールの内容を披露。その人は、甘夏果汁100%の甘酸っぱくてさわやかなドリンクをたいへん気に入って、ある日たくさん飲んだということ。ところが数時間後に体調が急変。柑橘系のストレート果汁は体に負担がかかるものだったのに、たくさん飲んでしまったことが原因。その後、数日間食事もとれなくなるという大変な目にあったその人は「好きなことをするのが自分にプラスとは限らない」ことを痛感した、という体験談。

そう、今回のテーマは「プラス選び」。塾長から、さらにエピソードの紹介。ある有名な女優の人が飛行機のファーストクラスに乗って海外へと移動したときのこと。ファーストクラスは豪華な機内食が食べ放題。ところがその女優さんが長い空の旅で頼んだのは、なんとコーヒー1杯のみ。その場の「食べたい」よりも体調・体型をコントロールすることを選んだ、大物女優ならではの「プラス選び」。世界的に活躍する日本の若手バンド「ONE OK ROCK(ワンオクロック)」のボーカルのTAKA(タカ)さん(なんとブルカン塾の卒業生です!)も、ファーストクラスでの移動中にはのどに影響する飲食を一切しなかったそう。

ここぞという時プラスの道を選べるかどうかが、大人になっても大事な分かれ目。塾生たちも、今回のテーマの大切さを再確認。そこで、「ちょうどプラスの道を選んだばかりの二人が、今日来ています」との紹介。誰?教室は騒然。登場したのは、ブルカン講師として新しく加わった二人の先生。
H28.10.25-02.JPG
一人目は、なんと東大の大学院で国際関係論を修めた、スゴ腕講師の中沢先生。「幸せになろう!」というブルカン塾のテーマに感動し、是非この塾で働きたいと決意。もう一人は、神奈川で一番の進学塾の内定を蹴ってブルカン塾を選んだ若さあふれる高橋先生。一人一人の子どもに寄り添いたいという思いで「君たちの"味方"になりたいです!」と宣言。

H28.10.25-03.JPG
続いて、塾生たちの「プラス選び」の振り返り。夏期講習で、本来は受験学年の小6・中3が朝から晩まで一日中勉強する特訓講習。そこへなんと小4で参加し、中学入試の問題に挑戦した塾生たちの活躍を紹介。その一人が、内心では「長い時間の勉強に耐えられるかなあ?」と不安だった小4・O君。始めてみると「難しいかもしれないが、頑張ればできる」という実感をゲットし、最初の1日だけの参加予定が最終的にはほぼ全日程に参加。中学入試問題はおろか東京大学の国語の入試問題の朗読にまで成功した小4生たち・・・遊んでいる子も多い時期にわざわざ勉強をするという選択が、間違いなくプラスの道だったと言える成果!


 プラス選びは勉強以外でも!小6・Y君と小5・O君はそれぞれ地元・芳水小学校の運動会の応援団長・副団長という大役に立候補。
H28.10.25-04.JPG
応援団の朝練はつらかったでしょう?との質問に、「きついことをやった後の達成感が好きなので」と答えたY君は、すでにプラス選びの達人!?「リレーの選手になれなかった悔しさを晴らすには、他に大きな事をやるしかないと思いました」と答えたO君も、ふてくされずプラスの道を選択!

H28.10.25-05.JPG
 ブルカン講師からも「プラス選び」のエピソード。荒井先生が前の塾に勤めていた時、テキストを積み上げて包装する作業が。ていねいさが求められる作業でしたが、慣れない荒井先生は大苦戦。ところがベテランの作業員さんの助言を素直に聞いたところ、作業効率が劇的に改善。「人の話を素直に聞くか、うるさいなあと聞き流すか。それがプラスかマイナスかの分かれ目なんだよね」と塾生たちにアドバイス。

 最後に紹介されたのが、小6・T君。中学受験のトップ校を狙うにふさわしい頑張りが足りていないのではないかという状況の中、トップ校を志望する資格があるかどうかを先週金曜からの一週間の頑張りで示すのだ!という勝負の真っ最中。
H28.10.25-06.JPG
中学入試トップ校の過去問を集めた算数の問題集をわずか3日で解き終わるなど、これまでとは別人のような姿勢に。「言い訳で逃げるのではなく、やると決めたことはやる。やって良かったと思える勉強がしたいです」とT君本人の言葉に、教室一同応援の拍手!

 これまで見てきた、様々なプラス選び。最後に、これからプラス選びをする子どもたちへ...と柴田先生がメッセージ。その相手は、志望校をこれから選ぶ受験生たち。志望校を決める時も、この「プラス選び」の考えを大事にしてほしい!楽をして合格したいという、その場の好き嫌いが一番ではもったいない。きついことをやりきった達成感、自分から逃げない根性。受験を通じてこうしたものを得ることが、君たちのプラス。目標を高く掲げて、道を切り拓く力を育ててほしい!と、エールのプレゼント。
H28.10.25-07.JPGH28.10.25-08.JPG
 本日の青春講座を通じてブルカン塾生がプラス選びの考えを身につけてくれれば何より。これから長い人生、みんながプラス選びを通じて幸せになってくれることを心より祈っています。

ブルカン講師一同