自分を変えて、大きくジャンプ!

2016.04.20(水)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―自分を変えて、大きくジャンプ!―

(画像クリックで拡大!文字が大きくなります)
H28.04.20cSA.jpg
新年度がスタートして、早くも半月あまり。子どもたちが集まった教室の中には、新しい顔ぶれがいっぱい。多くの新入塾生も参加する、新年度初のブルカン青春講座。いざスタート!

実は、今回の青春講座は下川塾長が不在。まずはその説明から。下川塾長は、4月14日から続く一連の地震で大きな被害を受けている熊本県の出身。本日は熊本出身者として、熊本の人々のために何ができるか?という話し合いに参加中。塾生たちへは、「"チャレンジ"の精神で新しい一年を楽しんでほしい」という春期講習の応援メッセージを、塾長からの伝言として改めて朗読。

そして今回の本題へ。年度の始まり、みんなの意気込みは様々。「受験に合格することです」、「算数を頑張ります」など、具体的な目標が。
H28.04-01.JPG
それぞれのチャレンジを成功させ、"飛躍の年"にするためにはどうすればいい?そのヒントを、下川塾長の『努力は必ず報われる』という歴史人物の本から紹介!

その人物は、江戸時代に活躍した「伊能忠敬」。

(「伊能忠敬が何をしたか知ってる?」一部塾生から頼もしい挙手。中3・W君が正答!)
H28.04-02s.JPGH28.04-03s.JPG
自分の足で日本全国を歩きながら測量し、史上初の精密な日本地図を作った忠敬。彼が日本地図作成の事業を始めたのは、なんと50代の年齢になってから。当時の平均寿命が50代とも30~40代とも言われるので、現代で言えばもう70代ぐらいのおじいちゃんというような年齢からのスタート!「始めるの、遅すぎない?」「死ぬまでに間に合わないのでは?」という不安があってもおかしくない時期でした。それでも第2の人生にチャレンジする道を選んだ忠敬。彼の決意の言葉として書かれた、書籍の中の文章を荒井先生が朗読。
H28.04-04.JPG
「挑戦は若さをくれる。『もう遅いかも』なんて不安に思う必要はない!」というメッセージで、塾生たちに勇気をプレゼント。

ただしここで気をつけたいのは、「チャレンジするのは遅ければ遅いほどいい」という話ではないということ。早いに越したことはない、これは当たり前の話。であれば、スタートが遅くても間に合わせるためのコツがあるはず。勉強に、部活にチャレンジする塾生のみんなには、ぜひそのコツを知ってほしい!

H28.04-05s.JPG
そのコツの一例として、はじめに柴田先生が中学生時代の部活での経験を紹介。中学生時代の卓球部で、校外の試合で一回も勝ったことがないまま中3の初夏を迎え引退間近となってしまった柴田先生。「負けっ放しで終わるのは嫌だ!」と思ったものの、体力・技術......全ての要素を短期間で劇的に伸ばすのは現実的に不可能。そこで、「球に回転をかけ返球しづらくする必殺サーブだけをひたすら練習する」という作戦に。結果、最後の夏の大会では見事に初の勝利を獲得!そんな柴田先生から、「目標達成への"最短距離"を意識することで、道が開けることがある。テストでも"出そうな問題"や"「ここから出す」って先生が言った範囲"は必ずあるはず。自分の勝利のために何が必要なのか、常に意識してほしい」とアドバイス。

 それを受け竹田先生も、中学・高校・大学時代を通して打ち込んだソフトテニス部での思い出を披露。練習を人一倍したものの試合には弱かったという経験から「試合で勝つのが目的なのに、練習ばかりして満足していたのかな」と振り返り、本番でうまくいくための準備が大事と強調。これを欠かすと、例えばテストでは「計算は正確でも50分の時間制限を意識せず気づいたら時間切れ」などの事態を起こしてしまう可能性が。一部の塾生からも「あるある......」と反省の声、今年度こそそんなミスにサヨナラだ!

 最後に上島先生から、ブルカン塾の伝統的な考え「受験は団体戦」を改めて紹介。教科を一人一人が分担してつまずきやすい問題や過去問に似た問題を教え合えば一人きりの勉強よりはるかに効率がいいという、技術的な面。「全員で合格するぞ!」と誓い合うことで仲間の為にも合格しなくてはという思いが生まれ、一人きりの勉強の時にはなかった気迫が生まれるという、精神的な面。それらの利点をフルに生かせば、受験学年の夏ギリギリまで部活に打ち込んだ後の受験勉強スタートであっても高い目標にたどり着けると力説。
H28.04-06s.JPG
そして「真剣に耳を傾けてくれるエネルギーを持った君たちだから、きっとできる」とエール!

 これらのコツを意識して、取り組み方や取り組む意識をよりよく変えていこう。その先には、大きくジャンプできる素晴らしい一年が待っている!と今回のテーマをまとめると、青春講座も終わりの時間間近。"本日のうた"として、熊本出身の歌手・水前寺清子さんが歌った「365歩のマーチ」を合唱。一歩一歩幸せへと近づこうというメッセージをみんなで共有。そして、締めくくりはやはり、ブルカン塾の応援歌「根性の詩」!立ち上がって大合唱し、今回の青春講座も無事終了。この一年も、頑張って行こう!
H28.04-07s.JPGH28.04-08s.JPG


◆青春講座アラカルト◆

今月4/5(火)に無事終了した春期講習。
それにあたり、下川塾長が塾生を応援するために書いた
直筆の応援メッセージです。

 ◎2016年ブルカン春期講習 応援メッセージ

(画像クリックで拡大。文字が大きくなります)
H28sp.messageSA.jpg


今回の青春講座で紹介した、書籍『努力は必ず報われる』。
その内容の一部をここに掲載!

 ◎伊能忠敬の紹介ページ (書籍『努力は必ず報われる』より)

(いずれの画像も、クリックで拡大し文字が大きくなります)
H28.04-a01.jpgH28.04-a02.jpg