今こそ伝授!ブルカン流友達術

2016.03.15(火)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―今こそ伝授!ブルカン流友達術―

(画像クリックで拡大。文字が読みやすくなります)
H28.3.15SA.jpg
3月中旬の晩。前日の雨がウソのように止んで、教室に集まった子どもたちも近づく春への予感にウキウキ!そこへ下川塾長以下ブルカン講師陣が登場。今年度最後のブルカン青春講座、スタート!

はじめに近況報告。中学入試・高校入試とも日程が無事終了。受験を終えたブルカン塾生の努力に称賛の声!ブルカン塾からも結果を出した塾生たちに対し、新生活に向かってのメッセージをプレゼント。

そう、まさに新生活が始まるとき!塾生たちを待つのは、卒業やクラス替えによる別れと、新しい学校やクラスでの出会い。そこで今回は、塾生たちにとっての出会い=友人関係に注目。「2016年春、出会いと別れの季節――今こそ伝授、ブルカン流友達術!!」をテーマに進行!

H28031501.JPG
ブルカン流友達術、その1は「友達とは?」。本当の友達って何だろう、ということを常に頭に入れておくことが大事。それはいつも一緒に遊ぶ相手の事かと思いきや、入塾したばかりの小4・O君から「自分の人間関係の中で頼りになる相手の事です」と大人の意見も!同年代の人間関係は本当に様々。「勉強や部活で競っていた相手と学校を卒業しても交流が続く」話や、「点数が悪くなるのが分かっていながらテスト直前に相手をゲームセンターに連れ出す」話の紹介。どちらの人間関係のほうがプラスになるだろう?

受験・部活......大変なことを一緒に頑張った仲間の間には深い絆が。人生の壁にぶつかったときには、その時交流のある知人よりも昔何かをともに頑張った仲間に相談するもの。そんな、戻るべき"原点"のような存在こそが"本当の友達"。「あの時だって頑張れたんだ、今の困難だって何とかなる」「あいつだって頑張ってる、俺だって」というエネルギーが壁を壊すきっかけに!それは単なる「遊び仲間」との交流では得られない力。ここブルカン塾でも、受験勉強に励む小6生の背中をずっと見てきた小5生が、今度は新しい受験生として朝から晩まで自習に励むという姿が。「『友達』は、ただの『遊び仲間』ではない!」この事実を頭に入れながら、新しい学校や新しい学年で"本当の友達"とともに"本当の友情"を築こう。

友達術第2のポイントは、「友達作り」。下川塾長が考える友達作りのコツは、ズバリ"バランス"。相手から何かをしてもらっている分だけ、自分も相手に何かを与えること。相手からしてもらったことをそのまま返さなくても大丈夫。イヤな奴から守ってもらうかわりに、面白いことを言って笑わせる――というように、自分のタイプでやれることを頑張ればそれでよし!タイプの違う相手どうしで友情が成り立った思い出話として、荒井先生が野生児タイプの同級生に川へ連れられて友情を深めたエピソードを紹介すると、その衝撃的な内容(詳細は青春講座参加者だけの秘密です)に教室は大盛り上がり!
H28031502.JPGH28031503.JPG
山や川に親しむタイプでなかった当時の荒井先生が同級生の誘いに乗ったのは、自分の知らない世界にも関心を持っていたおかげ。「知らないから興味ない」でなく、「知らないから教えて」と自分を開いていくことも大事。

その一方で、「テスト前のゲームセンター」のように、乗ったらプラスにならない誘いも。そこで友達術その3「気まずい場面の対処法」。たとえば誘いを断るときには、相手との関係を悪くする(平たく言って「敵を作る」)断り方よりも、悪くしない断り方をしたいもの。そこでブルカン塾が塾生に授ける作戦は、ズバリ「塾を使え」。「誘ってくれてありがとう」と感謝を伝えつつ、「でも塾の先生が『塾で勉強しろ』ってコワイから......」と塾のせいにすれば、相手の気持ちを傷つけない!塾生たちも感心の面持ちで聞き入ります。
H28031507.JPG
また、「気まずい時ほど笑顔が大事」というのもポイント。下川塾長が「トラックにクラクションを鳴らされ道の端に追いやられたときに笑顔で「すみません」と返したら、トラックの運転手も謝ってくれた」というエピソードを披露し、あえて笑顔で接することで相手の敵意をなくす作戦を伝授。ブルカン塾は、いじめを絶対許さない塾。だからこそ、「いじめられない君たち」を育てたい!もちろん、「いじめない君たち」であることは大前提。人を傷つけては、友達は作れないぞ!

以上のとおりに見てきたコツが、上手な友達づきあいで新生活を満喫するためのカギ。友達作りが苦手でも大丈夫。ブルカン塾という君の友人に相談しながら、チャンスをものにしていこう!

いよいよ青春講座も大詰め。詩画集DVD「今が一番大事」に収録された『友達』という詩の朗読を鑑賞。そして「本日のうた」は、受験を終えた塾生たちに贈る歌。卒業はゴールではなく新しいスタート。そんな考えのブルカン塾らしく「さよなら」よりも「がんばれ」の歌を――という思いで選んだ、『声援』という曲。竹田先生のアカペラにみなが続き、「がんばれ」「がんばれ」の大合唱!
H28031505.JPG
青春講座も終わりの時間。年度の終わりも、締めはブルカン塾の応援歌「根性の詩」!みんなで立ち上がって熱唱し今回の青春講座も無事終了。新年度へ旅立つ塾生たち、よき友とよき新生活を送るべし!!
H28031506.JPG


◆青春講座アラカルト◆


今回の青春講座で鑑賞した詩画集DVD作品です。
 ◎友達 ~DVD「今が一番大事」より~

(画像クリックで拡大。文字が読みやすくなります)
friend.jpg