2014.06.02(月)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―「団体行動」の楽しさを考えてみよう!!―

(画像クリックで拡大。文字が読みやすくなります)
H26.0602cSA.jpg
6月に入ったばかりなのに、夏本番を思わせる暑さ。元気な塾生たちが集まって、教室はさらに熱気いっぱい。そこへ下川塾長以下ブルカン講師陣が登場。
H260602-01.JPG
たくさんの新入塾生がブルカン塾の仲間になった4~5月。青春講座初参加で期待に胸を膨らませる彼らとともに、今回もブルカン青春講座スタート!

H260602-02.JPG
まずは中学生たちの1学期中間テストの結果速報。
なんと中3生のM君は5教科で101点もの得点アップを実現!もちろん他にも得点大幅増や高得点獲得の塾生が続々。

そして小学生も負けてはいません。春期講習からの2ヶ月で宿題ノートを20冊も終わらせた小6・Oさん。そして毎日書き取りや計算を続ける「漢字・計算ラリー」で解いた問題数ランキング上位の塾生たち......皆の頑張りを表彰。
H260602-021.JPG
ブルカン講師を信じて勉強に励み結果を出してくれたみんなに、柴田先生が歌でお礼。詩画集「もっと元気だそうよ」収録の詩を基に作曲した曲「ありがとう」を熱唱し塾生たちの努力を称賛!
H260602-022.JPG

さて、運動会や修学旅行など各学校で行事が集中する5~6月。この時期にこそ「団体行動」の楽しさについて考えてみよう、というのが今回の青春講座のテーマ。まず「団体行動は楽しい」という大前提、これはわがブルカン塾生たちも当然知っています。運動会の応援団旗を描いた中3生・Bさんの活躍を紹介したり、修学旅行を終えた塾生から盛り上がった思い出の紹介があったりと話が続々。
H260602-03.JPG
さらに講師からも学生時代の楽しい思い出話が飛び出し、教室には大歓声。
H260602-031.JPG
でも、団体行動はいつも楽しいとは限らない。イヤな役目、イヤなパートナーに直面し逃げ出したくなることも。そんな時、「団体行動はイヤだ」「つまんない」で終わってよいの?

ここで荒井先生から、小学校時代の実録エピソードの紹介。転校直後でクラスになじめていなかった荒井先生が、運動会の組み体操で一番上の位置を任されます。足場が不安定で怖いタワーの頂上。失敗したら一番目立つ所だし、かばってくれるような友達もまだいないし......。けれども練習の演技が何とか形になった時、クラスの仲間が良い反応を返してくれました。それに勇気づけられて練習を頑張り、本番での演技も成功。共に努力する中で、いつしか同級生たちとも打ち解けることができていました。
H260602-04.JPG
そんな荒井先生から、塾生たちへ「最初はイヤだと思うような時でも、勇気を出して飛び込んでいけばきっといい経験に変わるんだ」とメッセージ。

このエピソードに通じるものが、染谷先生の実体験の中にも。染谷先生の母校・共立女子高校の長年にわたる伝統は、毎年高校3年生全員が「荒城の月」に合わせてダンスを踊ること。染谷先生も高3になった時にやはりその「伝統のダンス」を覚えることになるのですが、「立っている時に手の指が少しでも開いていると最初からやり直し」「親指が見えていてもダメ」「つま先が少しでも外を向いていてもダメ」......という細かさにショック。はじめは「悪い目立ち方をしない程度にやればいいや」と投げ出し気味だったものの、率先して指揮をしてくれるダンス委員の生徒の頑張りを見ているうちに「彼女たちの努力に応えないと申し訳ない」という気持ちが生まれ、頑張り抜くことができました。そうして体育祭の本番でダンスが終わると、心の中には何とも言えない達成感。そのダンスで使った扇は今でも宝物として、捨てられずにいるのだとか。
H260602-05.JPG
「イヤだな」から始まった体験が、かけがえのない思い出に変わった証拠です。

学校行事を通じて、素敵な体験がいっぱい!そこで、団体行動がテーマの今回にふさわしい詩の朗読を聴くことに。DVD詩画集「今が一番大事」より『夢にむかってささえ合おうよ』を鑑賞し「みんなが力を合わせれば、何でも出来る」という力強いメッセージを確認。

その直後に竹田先生が、学校行事と言えば思い出す言葉を紹介。高校3年生の体育祭が終わり教室へ帰る中で、クラスのリーダーがつぶやいたその言葉とは「体育祭が終わったら、次は勉強だぞ」。その一言にクラスの全員が「よっしゃ!」の返答。そしてその日の放課後から早速みんなで図書室で受験勉強開始。行事も勉強も充実の1年を送ることができた竹田先生から、塾生たちに「君たちも『けじめ』『スイッチ』を大事にして、行事の後に待つ期末テストを成功させてほしい!」とエール。

(好成績者多数の「中間テスト速報」を再掲。期末もこの結果に続け!)
H260602-06.JPG
いよいよ本日の青春講座もクライマックス。「本日のうた」として「手のひらを太陽に」を合唱!みんなで生きていく中で、素敵な思い出がきっと作れるはず。続いて下川塾長が本日のメッセージを読み上げ、今回の青春講座のテーマを再確認。もちろん最後はブルカン塾の応援歌「根性の詩」。
H260602-071.JPG
H260602-073.JPGH260602-07.JPG
皆の歌声が元気よく、青春講座初参加の塾生たちもメロディーをすぐに覚えて歌声に加勢!これにて今回の青春講座も無事終了。さあブルカン塾生たち。学校行事も勉強もどちらも素晴らしい、そんな1年にしていこう!!


◆青春講座アラカルト◆

今回の青春講座で鑑賞した詩画集DVD作品です。
 ◎夢にむかって ささえ合おうよ (DVD「今が一番大事」より)

(クリックで画像拡大。文字が大きくなります)
sasaea.jpg
今回の青春講座で柴田先生が歌った『ありがとう』。
この曲の歌詞の原案になった詩です。

 ◎ありがとう (DVD「今が一番大事」より)

(クリックで画像拡大。文字が大きくなります)
arigatou DVD.jpg