"強固な意志"で、夢実現!!

2014.04.21(月)
ブルカン青春講座ダイジェスト
―"強固な意志"で、夢実現!!―

(クリックで画像拡大。文字が見やすくなります)
H26.04.21cSA.jpg

4月の下旬にしてはやや寒い、小雨の降る夜。それでも教室は、イベント開始を待ちきれない塾生たちの活気でいっぱい。そこへ下川塾長以下ブルカン講師陣が登場。今年度初のブルカン青春講座、スタート!
P1090058.JPG
この平成26年度は、ブルカン塾にとって創立35周年を迎える記念の年。はじめは、そんな年度の冒頭を飾る春期講習の成果報告から。「塾生にとって素晴らしい年にしてこその、ブルカン塾の記念の年!」と塾長直筆のメッセージで掲げたように、講師も例年に増しての気合で臨んだ春期講習。
P1090062.JPG
(直筆メッセージの内容。クリックで拡大!)
墨字united.jpg

それに応えるように、塾生たちも頑張りを見せてくれました。毎日一定量以上の書き取りや計算を続ける「漢字・計算・英単語ラリー」で、解いた問題数ランキング1位の小5・S君。なんと、わずか2週間ばかりの春期講習中に1011問もの問題をクリア!中学受験の勉強をスタートしたばかりでこの快進撃のS君に「もともとそんなに優等生だったの?」と聞くと、「いや、以前はまったく・・・」。その変化に教室中から拍手喝采!!
P1090070done.jpg
 さて今回の青春講座は、気合充分で始まった平成26年度を実りあるものにするための1時間。夢に向かって突き進む途中で、必ずぶつかる壁がある。そんな時にどうすればいいの?今回のテーマは、「あきらめないことの大切さ」。ブルカン講師陣から、「あきらめないでよかった」実録エピソードをプレゼント!

 まずは柴田先生から、大学生時代に工場でアルバイトした時の話。部品の長さを測る道具をうまく使えなかったため、工場の偉い人にけなされたうえ「この仕事は任せられない」という危機的な状況に。しかしそのピンチの中、柴田先生は「悔しくても頭を下げて教えてもらう」そして「一度や二度失敗してもあきらめない」という2つの判断をしました。工場での居残りの末ようやく測るコツをつかめた柴田先生、塾生たちに「何かをやって失敗する時は大人にだってある。そんな時でも『あきらめずに挑戦し続けたら何とかなった』という経験から『今ダメでもどうにかできる』という考えを持てる」とアドバイス。

 続いて竹田先生からも、大学時代の実録エピソード。竹田先生が所属していたテニス部は、その地区の18大学でのリーグ戦で順位を競っていました。そこでは18のチームを強い順から6チームずつ、「1部」「2部」「3部」というくくりで分けていました。竹田先生の大学は「1部」の4位から、その年の大学対抗試合で「2部」に落ちてしまいます。キャプテンだった竹田先生はその年のテニス部OB会で、テニス部の大先輩を前に結果報告をすることに。すると、厳しい言葉や辛い言葉が続々と。「お前のような人間は必要ない!」「やめてしまえ!」

(厳しい言葉の嵐、再現の様子。思わずうなだれる竹田先生・・・)
P1090126.JPG
 涙を流し、テニス部を去ることを考えた竹田先生。しかし、OBの中で一人だけこう言ってくれた人がいました。「逃げんなよ、頑張れ」。その言葉に胸を打たれた竹田先生は、「このままでは終わらない!」と決心し再び部員たちと猛特訓の日々を送ります。そして次の年の対抗試合で好成績を収め、見事「1部」へ復帰。部員たちから胴上げをされた時のことを思い返し、「あきらめないで本当に良かったし、『あきらめるな』と言ってくれた人の言葉を聞いてよかった」と熱弁。

最後に池田先生から、印象に残っている生徒のエピソード紹介。「国際的な活躍につながる勉強がしたい」という思いで、ある私立中高一貫校に入学した子。しかしそこでは思うような勉強ができず落胆。そんな日々の中で都立国際高校の存在を知り、そこで勉強したいと思うように。先取り学習の私立校とは全く違う勉強をしなければならず、当然両親からも学校の先生からも猛反対。それでもあきらめずにいばらの道を突き進み、国際高校に見事合格。感動的なエピソードに耳を傾ける塾生たちへ、「あきらめずに頑張るのは素敵なこと。今年はみんなの応援をさせてもらいたい」と池田先生からのエール。
P1090140.JPG
最後に様々な実録エピソードを総括し、塾長から「あきらめない人はかっこいいし、そのかっこよさをいい結果がいっそう華やかにしてくれる。夢に向かって進む時にピンチもきっと訪れるけど、その時こそ先生方の『あきらめなかった話』を思い出してほしい。そこにはブルカン塾の4つの理念の一つ、『強固な意志』があるんだ」との言葉。そして、DVD「今が一番大事」より『ピンチはチャンス』を鑑賞。

いよいよ今回の青春講座も大詰め。塾生たちへ、柴田先生が歌のプレゼント。下川塾長の詩画集「元気だそうよ」掲載の詩にメロディをつけた「夢があるから頑張れる」という曲を熱唱。
P1090190.JPG
そして今回のメッセージを読み上げあきらめないことの大切さを再確認。最後はやっぱりブルカン塾の応援歌『根性の詩』、皆で立ち上がり大合唱!強い意志で、ピンチにもくじけずに夢に向かおう!
P1090234take3.JPG

編集後記:この青春講座の後、講師一同で「あきらめない」ことについての話し合い。「実際大人になってからのほうがピンチって重いですよね」「逆境は色々なことを教えてくれるからね、学ばないといけないよね」今回のテーマを大人たちも噛みしめた"第二部・青春講座"でした......
P1090273.JPGP1090274.JPG

◆青春講座アラカルト◆

今回の青春講座で鑑賞した詩画集DVD作品です。
 ◎ピンチはチャンス (DVD「今が一番大事」より)

(クリックで画像拡大。文字が大きくなります)
pinchan.jpg

今回の青春講座で柴田先生が歌った『夢があるから頑張れる』。
この曲の歌詞の原案になった詩です。

 ◎夢があるからがんばれる (詩画集「元気だそうよ」より)

(クリックで画像拡大。文字が大きくなります)
yumedecolated.jpg