志望校を決めよう!

2012.07.19(木)
ブルカン青春講座ダイジェスト
志望校を決めて、やる気の夏!

20120719174046606_0001.jpg
  夏真っ盛り!
  うだるような暑さに負けない、熱い1時間の始まりです。
  塾生たちでいっぱいの教室に、満を持してブルカン講師陣が
登場。
DSC025031.jpg
一学期最後の青春講座、スタート!

  今日は本題に入る前に、まず下川塾長から塾生一同へ大事な大事な話。
DSC02553.jpg
 それは、今世間を騒がせている「いじめ」について。
  1979年の創立以来、いじめに対して毅然と闘い子どもたちを守ってきたブルカン塾。
「いじめは絶対続かない、だから絶対あきらめるな。それがまず一つ。そしてもう一つ、勇気を出して相談する。一人で悩まない事。何百何千といじめに対処してきた先生たちが、すぐ君たちの味方になるから」。
  塾長が投げかけた約束に、塾生たちも真剣にうなずいて応えます。

  その次は、「あいさつをきちんとしよう」をテーマにした前回の青春講座を振り返る一幕。
  あの回以降、自分からあいさつをするようになったり声が大きくなったりと塾生たちのマナーもレベルアップ。
  その変化を実感した染谷先生から「1ケ月でこんなにも成長できるなんてすごい!」と感動の言葉。
DSC02507.jpg
  そして青春講座の作文の中から感心した文章を抜粋し朗読。「きちんとあいさつすると相手が喜んでくれると気付き、自分からあいさつが出来るようになりました」。
  決意を実践につなげる、ブルカン塾生の素晴らしさを再確認できた瞬間。

 そして話題は、あす終業式を迎える塾生の成績へ。
 1学期の成績はどうだったかな?塾生たちからは「ダメでした・・・」と自信のない反応。
 それを聞いた山口先生が「1学期がダメだったらダメだったで、2学期きちんと立て直すために頑張る夏にしないとね。受験生はもちろん、そうじゃない子も自分を高めるための夏休みにしよう」と呼びかけます。

 それを受けての本日のテーマは「志望校について」。
 嫌々ながらではなく「やるぞ!」と情熱を持って勉強できるようになるためには、勉強の目的が必要。そして受験勉強にとって一番具体的な目的になるものが「志望校」。
 目的意識を持つことがどれほどやる気につながるかという一例として、柴田先生が高校受験の時に志望校を決めたエピソードを披露。
DSC02525.jpg

 柴田先生の出身中学は、物事に一生懸命打ち込む人を横で眺めて笑い物にする、そんな雰囲気のある中学校。やりたいことを真剣にやりにくい雰囲気に、柴田先生は嫌気が差していました。そこへ聞かされたのが、友人の話。友人の兄が通う千種高校という高校は雰囲気が全く逆で、やりたい物事に精一杯打ち込むことこそ素晴らしいという校風なのだと。そして千種高校の文化祭に行き、演劇や展示活動を真剣に楽しむ在校生の姿を見て、友人の話は本当なのだと確信。
その日から、柴田先生の本気の受験勉強がスタート。

 当時、千種高校は愛知県で3~4位の進学校。合格するための勉強はハードでしたが、「今みたいな環境にとどまる方が何倍もつらい」と思っていたので全く苦にならなかったとのこと。
 志望校が決まれば別人のように気合が入る!と力説する柴田先生は最後に、下川塾長の詩画集『もっと元気だそうよ』の作品「さよなら 弱虫の自分」にメロディを付けて熱唱。塾生たちにエールを送りました。

 志望校をしっかり決めて受験に臨むことが、高いやる気を引き出す何よりのコツ。それでも、簡単には志望校を決められないという塾生も。
 では、どのように志望校を決めるのか?
 ここでブルカン卒業生の蜂谷さんが教壇へ。

DSC02503.JPG
「吹奏楽がやりたいので、吹奏楽の盛んな高校へ」という思いで小山台高校を目指し合格したとのこと。
 そういえば現ブルカン生にも「水泳に打ち込みたいので、室内にプール設備があり一年中水泳が出来る中学がいい」という気持ちから志望校を決め、中学受験を乗り切った塾生が。

 それらの話を受け、上島先生がまとめの一言。
「志望校っていうのは、そこにあこがれをもつことで努力が苦ではなくなる、そんな学校のこと。合格できたらもちろん最高だけど、目指した時点ですでに君のプラスになる。そこでならやりたいことができるとか、一生懸命になれることがあるとか。何もなければ、かっこいいイメージがある、ぐらいでもいい。そんな学校で、今の学力では無理だなという学校を志望校にして、自分を高めていってほしい」。
 そして、話し合った後にはその結果を実践に移すのがブルカン流。志望校を決めたら、紙に書いて机に貼ることで自分を奮い立たせようとの提案。そしてその紙には、心の支えになるように講師一同も寄せ書きを書き込んで応援するぞ!と約束。

 志望校という夢を持ってもらうため、今回のDVD鑑賞の作品は『何度でもやり直せる』より「夢を持とうよ」。
 塾生たちもそれぞれの夢を思い描き、目を輝かせている様子。

DSC02527.jpg
 本日も終了間近となった青春講座。塾長からの本日のメッセージは「さよなら 弱虫の自分」の朗読。
 本日のうた「若者たち」を合唱した後、締めにはもちろん「根性の詩」。
chorus.jpg
DSC02565.jpg 全員立ち上がって熱唱し、今回の青春講座も終了。気合を入れて、夏の勉強に打ち込もう!!


◆青春講座エトセトラ
 ◎柴田先生が今回作曲した詩「さよなら 弱虫の自分」
 (『もっと元気だそうよ』より)

(クリックすると画像が拡大します)

20120720132003133_0001.jpg
◎今回鑑賞したDVD作品「夢を持とうよ」の台本
 (『何度でもやり直せる』より)


(クリックすると画像が拡大します)
motouyo.jpg



受験の夏、学習の夏!ブルカン塾に集合だ!!

夏期チラシ表紙.jpgいよいよ夏休み間近!受験生にとっては勝負の夏ですが
皆様いかがお過ごしでしょうか。

子どもたちにとって夏の学習を実りあるものにするため、
ブルカン塾は今年も夏期講習を実施します!

ブルカン夏期講習の特色は、ご家庭の様々な要望に基づいた
地元密着型の塾ならではの個性あふれるカリキュラム。
今回はその一端をご紹介いたします。


  1. 夏休みの宿題サポート教室 (参加無料)

    「塾での勉強はもちろんさせるが、学校の宿題がおろそかにならないか心配」
    「毎年提出物をきちんと出さず、学校で低い評価をもらってばかり」
    ...こんな心配はもう無用!
    皆さんが自信を持って学校の宿題を提出できるように、
    問題の解き方から提出物の見栄えの良さまでブルカン塾が全面的にサポートします。

    ブルカン塾が他の学習塾と違う点、それは学校の宿題を最優先に考えていること。
    特に中学生は、夏休みの宿題が内申に直結します。
    また、宿題の内容が2学期の定期テストに出題されることも大いに考えられます。

     最後になって慌てる夏休みとはもうサヨナラ!
    ブルカン夏期講習を利用して、充実の夏休みを過ごしましょう!


  2. 学力定着フォロー教室 (参加無料)

    「講習に参加しても、一度教えてもらっただけでは理解できない!」
    「一人では問題を解けない!」よくある事ですね。

    ブルカン塾では講習中に学習指導した内容を翌日しっかり復習してもらうため、
    講習時間以外にこの学力定着フォロー教室を設けています。

    授業中に理解できなかったこと、宿題でできないもの、
    分かったつもりでいたのに実際には解けない問題......。
    ブルカン講師が問題演習を監督し、疑問やつまづきをしっかり解決!

    この教室を通じて講習をより有意義なものにして、
    学力アップを確実なものにしましょう!!


その他、書き取り&計算の継続で基礎を固める「漢字・計算/英熟語・計算ラリークラス」や

過去問を活用し実戦での得点力を磨く「中学受験/高校受験特訓講習」など、

様々なタイプの授業がお子さん一人一人の実情にマッチした夏の学習を保証します!


ブルカン夏期講習にご興味ご関心がおありの方は、ぜひ下記の連絡先へお問い合わせを!!


《お問合せ先》

ブルカン塾 大崎教室
☎ 03-3493-8546
受付時間:平日 10:00 ~ 16:30
土曜 13:00 ~ 16:30
日曜 10:00 ~ 18:00


―以下、夏期講習パンフレットの一部を紹介―

◇小学生用 (クリックで画像が拡大します)

夏期チラシ小学.jpg


◇中学生用 (クリックで画像が拡大します)

夏期チラシ中学.jpg